映画 「ペット2」は2作目から見ても面白い?ファンが感じた前作との大きな違いの感想と解説【ネタバレ有】

f:id:niko-blog:20190806230136j:plain

 

こんにちは。月に1本程度、映画館に足を運ぶにこです。 

 

今月は7月26日に公開された「ペット2」を観てきました。

 

前作の大ファンでして、東宝シネマのコラボカードも購入し、DVDも何度も見ています。笑

 

今日はそんなゆる映画感想です。

 

※この先、ネタバレがあります。

 

 

 

 

予告・あらすじ

 


『ペット2』本予告

 

新キャラクターは性格があの人形に似ている?

 

今作ペット2では、新キャラクターが3匹でてきます。

 

・旅行先の農場で暮らすルースター(犬)

・とにかく強いデイジー(犬)

・サーカスから逃げ出したフー(トラ)

 

デイジーの性格が、少し前に見たトイストーリー4のボーに似ていると思ったのは私だけでしょうか?笑

 

強く勇敢で仲間想いで、一目見ただけのかわいそうなフーを助けようとする気持ちが節々で伝わってきます。

 

賛否あるようですが、見た目よりもちょっと低めな声も、私はキャラクターの性格に合っていたと思いました^^*

 

田舎暮らしになじめない犬たち

 

さて、主人公のマックスには飼い主ケイティにできた子どもと一緒に田舎に旅行に行くわけですが、ニューヨーク育ちのマックスはケイティの子ども、リアムのことが不安で仕方ありません。

 

そんな時農場で出会ったイケメンルースターに、「心配性も行き過ぎると教育に良くないぞ」と、なんとも人間らしい教えを受けます。笑

 

私もどちらかというと街で育ったので、マックスの気持ちはすごく共感できました。

 

いつか子どもができたら、自分もあんな気持ちになっちゃうのかしら?なんて思ったり。笑

 

前作から愛がパワーアップ!ネコになるギジェット

 

前作でデイジーポジションだったギジェットですが、今作もかなりの頻度で登場します。

 

個人的にはクロエの性格が前作と違い過ぎてなんだか馴染めませんでした。

 

それに比べてギジェットはマックスへの想いがパワーアップ。

 

前作は「好きだけど、本人には恥ずかしくて言えない!」っていう感じだったのに、

 

今作ではマックスのおもちゃに対して

 

「ふたりの子どもとして育てましょう!」

 

ってマックスに言っちゃうんですから。笑

 

愛の力は偉大ですね。(あれ、これコナンの安室さんの台詞だ)

 

いつかマックスとくっついたギジェットのストーリーも見てみたいです。

 

大人向け?アメコミテイストがかわいい 

 

途中、スノーボールが戦う妄想?シーンでアメコミっぽい作画がありました。

 

外国のアニメ~って感じがして、大人はあのワンシーンを楽しんだのではないでしょうか?笑

 

スノーボールはとにかくかわいいですね。

スノーボールを2時間見ていても飽きない気がします。笑

 

前作との違い

 

前作は「人間」との関係がテーマだったのに比べて、2作目は「動物同士」の関係がテーマになっていた気がしました。

 

コマーシャル(予告)では予告でリアムがたくさん登場していたので、ずっとリアムとの絡みがあるのかと思っていたので、そこは予想外でした。

 

そして今回は、「頑張れば猫が犬になれる!」といった子供向けのわかりやすいテーマがあったので、小さい子どもでも楽しめたんじゃないかと思います。

 

 

 

 

2作目から見ても大丈夫?

 

これはずばり、キャラクターを楽しむなら1から見ないと訳がわからないと思います。笑

 

マックスは何で田舎が苦手なのか、デュークはマックスにとってどういうポジションなのか、どうやってみんなが飼い主がいない間に部屋から抜け出しているのか、スノーボールはどうして人間を好きになったのか、などなど語りだしたら止まりませんがとにかく大人は1から見て欲しいです。

 

ただしストーリーは1の続きというわけではなく、全く新しいお話なので映画のストーリ自体は2からでも全然大丈夫です!

 

エンドロールで泣く可能性が

今作はエンドロールで実写?のいろんな飼い主と子どもとのふれあい動画が流れます。

 

これがまた最後の締めくくりに、めちゃくちゃ癒されるのです…。笑

 

私はペットを飼ったことがないのですが、映画ペットを見ていると田舎で大きな犬と暮らしたい人の気持ちがすごくわかります。笑

 

犬だけじゃなくて、鳥もモルモットも、みんなみんな愛されていて本当にかわいく癒される映画でした。

 

もし3作目があるなら、また必ず観に行こうと思うのでした^^*

 

いつもお読みくださりありがとうございます。 
この記事がどなたかの参考になれば幸いです♪