定期的な見直しを!ライフプランシートと簡単にできる家計の見直し方法

f:id:niko-blog:20190607145336j:plain

現在アラサーで、結婚3年目の私は

数か月前に仕事を辞め専業主婦になりました。

 

フルタイムOLから専業主婦に変わり

一気に収入がゼロになると

かなり不安な気持ちになりますよね。

 

今日はそんな不安を取り除く

家計の定期点検「ライフプランシート」についてご紹介します。

 

このシートを埋めるだけで

随分不安な気持ちが軽くなりますよ♪

 

 

 

まずはシートを作ろう

みなさまはライフプランシート

書かれたことはありますか?

 

ライフプランシートには

 

・家計の収支を把握する

・家計のバランスを確認する

・ライフイベントにかかる出費を把握する

・現在の資産や負債の状況を知る

 

などの目的があります。

 

結婚したばかりの頃、

「保険の見直しを兼ねて、ライフプランシートを作ってみませんか?」

と保険会社から声掛けがあった方も多いのではないでしょうか。

 

当時シートを作られた方も作らなかった方も

将来の不安を取り除くには

まずライフプランシートを作成してみましょう!  

 

 

 

一年を区切りに変わる

一年が経てば、生活スタイルお金の流れ

なんとなく安定しますよね。

 

多少の変動はあっても、年間でみれば

収入と支出は平均値も出せるようになっています♪

 

我が家は、

 

日々の支出→妻が家計簿で管理

家計簿の締め日に夫と二人で今月の支出を確認する

 

という流れで家計を把握しています。

 

しかし、月単位での確認で満足してしまい

年間の予算計画や、数年先までの将来計画が

全くできていませんでした。

 

使ったライフプランシート

今回は日本FP協会の

「家計のキャッシュフロー表」を使ってみました。

 

f:id:niko-blog:20190308204853p:plain

 

こちらのシートは無料でダウンロードできて

更にエクセルでシートの保護を解除すれば

項目をカスタマイズすることもできます^^* 

 

 

 

本当にそんなに貯金が必要?

ライフプランシートを作って、お互いの口座を見直したら

最後は今後の将来のために必要な貯金額を見直します。

 

結婚して3年間

我が家は目標を立てずに貯金をしてきました。

 

みんな収入の〇%を貯金に回してるらしいから、うちも同じにしよう!

 

といった具合です。

 

いつまでにいくら貯金が必要で、今いくらあるから

残りこれだけを何年間で貯めようとか、ざっくりでいいんです。

 

例えば子どもは二人欲しくて

養育費が一人につき大学卒業までに1000万円かかるとします。

 

と、いうことは子ども二人だと2000万の貯金があれば

安心して将来を迎えられますよね。

 

しかし、今我が家にそんな貯金額はないので

ここから夫婦で話し合います。

 

・養育費には学資ローンを使う?

・車は何年後に買い替えたい?

・家族旅行は年に何回行きたい?

 

考え出すとキリがなくなるので

なるべく十数万単位からの出費計画を出し合うのがオススメですよ♪

 

おわりに

家計の見直しが今回のテーマですが

向き合ってひとつのことを話し合うことで

夫の未来予想図を改めて知ったりと

「夫婦の考え方の確認」としても大切な時間になります。

 

防災対策と同じように

いざというときの為の家計の定期点検だと思って

取り組んでみましょう^^*

 

 

*参加中ランキング

シンプルライフランキング
ミニマルライフ(持たない暮らし)ランキング
丁寧な暮らしランキング