[メンタル]気分の浮き沈みを減らす。自分を許す、〇〇を語らないメリット。

f:id:niko-blog:20190606170534j:plain

皆さまは「気分の浮き沈み」ってありますか?

 

昔から「ちゃんとしてる」「しっかりしてる」「頼りになる」

そんな誉め言葉を受けることが大好きだった私ですが

 

ここ最近はこれらの言葉をかけられるたび、

 

「もっとちゃんとしなきゃ」

「今もしっかりしてると思われてるかな?」

 

と逆に自分を追い込み、あまり喜べなくなってきました。

 

よく、白か黒かハッキリ分けたがる人は

”うつ”状態になりやすいって言いますよね。

 

私はまさにこの性格です。

 

「YES」か「NO」かハッキリしないと

自分にも相手にもイライラしてしまったり

即断できない自分を嫌になったりします。

 

そんな自分を責めてしまい

まさに「負」のループ

 

今日はそんな気分の浮き沈みを防ぐ方法と

とあることを語らないことで起こるメリットをご紹介します。

 

〇〇は人に語らない方がいい?

自分の最近の行動を見て、気づいたことがあります。

 

それは

 

「自分の理想や目標を人に語らない」

 

ということ。

 

”有言実行”という言葉があるように

誰かに理想や目標を話すことで、

それに向かって進む為の大きな動力が生まれることは確かです。

 

でも私みたいに「~すべき」「ちゃんとしなきゃ」が

根付いている性格だったらどうでしょうか。

 

「〇〇するって言ったから守らなきゃ」

と、それ以外のことを受け止められなくなってしまいます

 

そもそも私のように性格をこじらせていると

「有言実行という言葉があるように、

理想や目標は誰かに話してこそ意味がある!」とか決めつけたりします。

 

守れなかったらどうしようなんて思うくらいなら

そもそも自分の心の中で留めておく方が楽なのでは?とも思うのです。

 

〇〇という思いに囚われなくなる

例えば「夏までに5キロ痩せる」と夫に話したとします。

 

きっと数週間後には夫は何の気なしに 

「あれから痩せた~?」なんて聞いてくることでしょう。

 

そんな時、今はまだ1キロしか痩せられていない

あなたならどう思いますか?

 

きっと普通の人なら

「今はまだ1キロしか痩せてないけど、これからまだ頑張るよ~」

と答えると思います。

 

でも私みたいな性格だと

 

「どうしよう。まだ1キロしか痩せられてない。

このままじゃ目標に間に合わないかもしれないから

達成できるまで言いたくないな…」

 

って思ってしまうのです。

 

「言ったことは守る」

 

これはすごく大切なことです。

 

でも約束の相手が自分だったらどうでしょう?

 

「守れなくても大丈夫だよ」って隙間を空けてあげた方が

気分が楽になれるのではないかという気もします。

 

 

結局、自分が求めてる状態は何なのか

「ちゃんとしてる」「しっかりしてる」「頼りになる」

こう思われたいのは確かです。

 

でも、目標に辿り着くまでに

こんなにも気分が浮き沈みするくらいなら

たまには「語らない」のもアリじゃないでしょうか。

 

フランスの哲学者アランの言葉には

 

欲しいものが手に入った時よりも

それを求めて行動している時の方が幸せなもの

 

という言葉があります。

 

自分の理想を求めるばかりに

「今の自分」を台無しにするのはもったいないですよね。

 

いつも「~すべき」な自分を

「語らない」ことで柔軟にしてあげる方法でした。

 

今日がステキな金曜日になりますように♪

 

 

*参加中ランキング

シンプルライフランキング
ミニマルライフ(持たない暮らし)ランキング
丁寧な暮らしランキング