【家計】貯金の目標を大きく変えました【夫婦ふたり】

f:id:niko-blog:20190326211643j:plain

 

先日、我が家の貯金目標を大きく見直し&変更しました。

何がどう変わったのか貯金額の見直しのポイントをご紹介します♪

今までの貯金の種類 

使わない貯金

我ながらなんとざっくりとしたネーミングでしょうか。

 

結婚して3年間

こんな適当なネーミングで貯金をしていた

自分を大反省したい気持ちでいっぱいです。(笑)

 

この使わない貯金の内訳は

 

”将来の為に使わずにとっておくお金”

 

というもので、これから起こりうるであろう

出産や養育費の為の貯金でした。

 

この貯金のネーミングの悪いところは

何のための貯金なのか一目見てわかりにくいところですよね。

 

”将来の為に使わない”って…

貯金なのですからいつかは使うはずです。

 

今回の貯金名変更と共に

まずは”なぜ使わない貯金”をするのか見直すことにしました。

 

 

使う貯金

こちらの内訳は

 

・車検

・車の保険代

・NHK代

・ガソリン代

・旅行貯金

・家電買替費

 

といった

年単位で使うことが決定しているものの

積立となっています。

 

積み立てることは将来の不安解消にとても役立ちますが

よく見ると 「いくら使うかわからないお金」

「決まった額を支払うお金」がごっちゃになってしまっています。

 

この内訳で言うと

 

・車検

・車の保険代

・NHK代

 

この3つは支払う金額が決まっていますが

 

・ガソリン代

・旅行貯金

 ・家電買替費

 

は支払うタイミングも金額もわかりませんよね…。

今回はここを大きく見直しました。

 

 

帰省貯金

我が家は二人とも実家が遠方なので 

帰省貯金として帰省代を積み立てていました。

 

が、昨年一年間で数十回は帰れる金額が貯まったので

私が専業主婦になったのを機に一旦今月から積み立てを止めました。

 

帰省貯金の内訳は

 

・交通費

・帰省の手土産

 

としています。

 

これからの貯金の種類 

養育費貯金

この貯金目標の見直しを機に

夫婦で改めて将来イメージを話し合いました。

 

子どもはひとり?ふたり?

公立?私立?留学させたい?などなど。

 

将来イメージの立て方はこちらの記事でご紹介しております♪ 

www.nikoshufublog.com

 

将来の子供の為の貯金として

ひとつは「 養育費貯金 」と名付けました。

 

積立貯金

こちらは旧”使う貯金”を見直して

変名したものです

 

内訳は

 

・車検 年5万

・車の保険 年7万

・NHK 年1.5万

・旅行積立 年10万

 

で、年間24万円の積み立てをすることにしました。

 

毎月で割ると

2万円ずつ貯金することになります♪

 

旅行積立だけがイレギュラーな出費になりますが

この積立貯金に組み込むことで

”月2万円ずつ”とわかりやすい金額に

なったのでよしとします!

 

投資貯金

帰省貯金がなくなった代わりに

新たに始めたのが「 投資貯金 」です。

 

この投資貯金は全て夫が管理&運用します。

 

利益が出たら家計に還元し

マイナスなったら夫個人の貯金から賄う

というなんとも男気ある夫のアイデアで始まりました(笑)

 

私も投資を初めて見たかったのですが

本を読んでもなかなか理解できず…。

今は夫に任せています。

  

夫から金持ち父さんを進められ読了しましたが

「お金に働いてもらう」って

すごいことなんだと改めて実感します。

 

貯金の目標は曖昧にしない

 貯金・家計初心者の私はとにかく「貯める」ことに

意識が向いて「貯めてどうするのか」を曖昧にしてしまっていました。

 

「何のために」「いくらを」「いつまでに」

 

貯金したいのかものすご~く簡単で良いので

項目別に書き出すことが貯金の見直しの第一歩になります。

 

おわりに

我が家は結婚して3年目で貯金額を見直しましたが

正直遅かったなぁと感じています。

 

マイホーム、車の購入、子どもが欲しいかなどなど

結婚してから話し合うお金のことって山ほどありますよね。

 

まず話し合う前に

 

自分の考えを再確認しておくこと

 

 が大切だと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事がどなたかの参考になれば幸いです♪

 

🌸 参加しています 🌸

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ