春に読みたい金子由紀子さんのおすすめ三冊

こんにちは!節約系ミニマリストのにこ(@nikoblogmemoです。


今回は、私がシンプルライフという言葉を知る前に出会い、今も売らずに手元に置いている金子由紀子さんの著書3冊をご紹介します。

 f:id:niko-blog:20190309230035j:plain

(1)お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣 

【中古】 お金に頼らずかしこく生きる買わない習慣 アスペクト文庫/金子由紀子【著】 【中古】afb

価格:198円
(2019/3/9 22:45時点)

内容紹介

新生活を始める方も、そうでない方も、春はお祝いの席が多かったり会社のイベントが重なったりと何かと出費のかかる季節かと思います。
「節約しようと思ってたのに、ついつい買ってしまうよ~」なんて方向けに、優しく丁寧に「買わないこと」についてアイデアや工夫を紹介されています。 

 

おすすめポイント

「買わない一週間チャレンジレポート」という項目で、暮らし方別に「買わない」に挑戦した方たちの昔と今を紹介されています。

初めて読んだとき、私は独身・実家暮らしだったのでそちらのページを参考に、自分の「買わない」と何が違うのか照らし合わせました。一日のタイムスケジュールに合わせて「どこでお金を使っているのか」が書かれてるので、とてもイメージしやすいレポートでした。

 

(2)時間上手の暮らし方―ゆったり過ごす夢がかなう

【中古】時間上手の暮らし方 ゆったり過ごす夢がかなう / 金子由紀子

価格:108円
(2019/3/9 22:47時点)

内容紹介

新しい生活、新しい仕事、新しい毎日が始まる中で「充実したスタートを切りたいのに、いつも時間に追われてバタバタしちゃう!」そんな方におすすめな時間の整理術が書かれています。
ポイントは「時間の節約」ではなく「時間の整理」という言葉です。無駄な時間を節約するのではなく、「自分に必要な時間を見定めて、時間を整える」という新しい発想で時間との付き合い方を教えてくれます。

 

おすすめポイント 

節約というと「何が無駄でどうやったらなくせるか」を考えがちですよね。減らすことに夢中になりすぎて「節約できない、してはいけない時間」をこちらの本で発見することができました。

例えば私でしたら、夫との会話中に洗濯物を畳んだり、食器を片づけたり…一見よくある主婦の行動ですが、もしかしたら夫は「面と向かってゆっくり私と会話をしたかったかも」しれませんよね。

夫は大人なので、私が話を聞いていない!と思ったら注意してくれると思いますが、もしこれが子どもでしたらどうでしょう。私は子どもの話を聞くより「洗濯物を畳むこと」を優先したかったのでしょうか。そんな気持ちに気づかせてくれる一冊です。

 

(3)いつもハッピー! [愛蔵版]スッキリ朝とゆったり夜

【中古】 愛蔵版 スッキリ朝とゆったり夜 /金子由紀子【監修】,ひらいみも【絵】 【中古】afb

価格:198円
(2019/3/9 22:50時点)

 

内容紹介

こちらはページ数も少なく、全ページカラーでイラスト7割、文章3割くらいの内容になっています。金子由紀子さんはシンプルライフを軸に「楽しく暮らすノウハウ」本をたくさん出版されていますが、その中でも、暮らしのエッセイを初めて読まれる方、読書が苦手な方におすすめしたいです。おそらく1時間くらいあればあっという間に読み終えてしまわれると思います♪

 

おすすめポイント

こちらはひらいみもさんがイラストを描かれているのですが、このイラストと金子由紀子さんの優しい文章がマッチしてなんとも読みやすいです。一日の「朝」と「夜」に焦点を当てて、明日にはすぐ実行できる簡単な「朝と夜の活用術」を紹介されています。2013年に出版されているので今から6年ほど前の著書ですが、「最近ダラダラしちゃってるな~」って思う日には今でも一項目だけ読んだりしています。

 

おわりに

簡単に三冊の内容とおすすめしたいところをご紹介しました♪

新しい生活に必要なのは「お金」ですか?「時間」ですか?それとも「朝と夜の見直し」でしょうか?
あなたの悩みや変わりたいところに手が届くような一冊が見つかると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました♪